2014年2月26日水曜日

RSpec 3.0.0.beta2 + CI::Reporter 1.9.1で落ちるのをどうにかする

先日、RSpec 3.0.0.beta2がリリースされなにやら色々変わったようです。
細かいことは置いておいて、CI::Reporter 1.9.1を使おうとすると落ちるようになりました。
Jenkinsでテスト結果集計に使っていたりなんかすると非常に困ります。

で、適当に対策してみました。
以下のコードをRailsならconfig/initializers/ci_reporter.rbなどの適当なinitializerに追加します。Rails以外は知らないので適当に読み替えてください。
実行後に警告は出ますが一応動くようになります。気になる人は自分でなんとかしてください。

  module CI
    module Reporter
      class RSpec
        def example_group_started(example_group)
          @formatter.example_group_started(::RSpec::Core::Notifications::GroupNotification.new(example_group))
          new_suite(description_for(example_group))
        end

        def example_started(name_or_example)
          @formatter.example_started(::RSpec::Core::Notifications::ExampleNotification.new(name_or_example))
          spec = TestCase.new
          @suite.testcases << spec
          spec.start
        end

        def example_failed(name_or_example, *rest)
          @formatter.example_failed(::RSpec::Core::Notifications::ExampleNotification.new(name_or_example), *rest)

          # In case we fail in before(:all)
          example_started(name_or_example) if @suite.testcases.empty?

          if name_or_example.respond_to?(:execution_result) # RSpec 2
            failure = RSpec2Failure.new(name_or_example, @formatter)
          else
            failure = RSpecFailure.new(rest[1]) # example_failed(name, counter, failure) in RSpec 1
          end

          spec = @suite.testcases.last
          spec.finish
          spec.name = description_for(name_or_example)
          spec.failures << failure
        end

        def example_passed(name_or_example)
          @formatter.example_passed(::RSpec::Core::Notifications::ExampleNotification.new(name_or_example))
          spec = @suite.testcases.last
          spec.finish
          spec.name = description_for(name_or_example)
        end

        def example_pending(*args)
          @formatter.example_pending(::RSpec::Core::Notifications::ExampleNotification.new(*args))
          name = description_for(args[0])
          spec = @suite.testcases.last
          spec.finish
          spec.name = "#{name} (PENDING)"
          spec.skipped = true
        end

        def dump_summary(*args)
            if args.size == 4
              notification = ::RSpec::Core::Notifications::SummaryNotification.new(*args)
              args = []
              args[0] = notification
            end
          @formatter.dump_summary(*args)
          write_report
          @formatter.dump_failures(::RSpec::Core::Notifications::SummaryNotification.new)
        end

        def method_missing(meth,*args,&block)
          case meth.to_sym
          when :message then
            unless args[0].methods.include? :message
              args[0] = ::RSpec::Core::Notifications::MessageNotification.new(args[0])
            end
          when :start
            unless args[0].methods.include? :count
              args[0] = ::RSpec::Core::Notifications::CountNotification.new(args[0])
            end
          when :seed
            unless args[0].methods.include? :seed
              args[0] = ::RSpec::Core::Notifications::SeedNotification.new(args[0], true)
            end
          when :example_group_finished
            unless args[0].methods.include? :seed
              args[0] = ::RSpec::Core::Notifications::GroupNotification(args[0])
            end
          when :close, :start_dump, :dump_pending, :dump_failures, :dump_profile, :stop
            args[0] = ::RSpec::Core::Notifications::SummaryNotification.new if args.size == 0
          end
          @formatter.send(meth,*args,&block)
        end
      end
    end
  end

このコードはRSpecとCI::Reporterの実装に強く依存しているのでバージョンが変わったら動かなくなる可能性が高いです。あくまで暫定対処なのでその点はご了承ください。

2014年2月7日金曜日

ESET Smart SecurityでHTTPSを使用するアプリケーションが動作しない場合の対処法

ESET Smart Securityのプロトコルフィルタリングが有効になっているPCだとHTTPSを使うアプリケーションが一部動作しなかったりする。
理由は証明書のあれこれなんですが、使えないと不便なので対策を。
動作確認したバージョンは7.0.302。

対策は2パターンあるのでどっちかをやる。

対策1

[詳細設定] -> [Webとメール] -> [プロトコルフィルタリング]
[アプリケーションプロトコルフィルタリングを有効にする] のチェックを外す。


対策2

対策1だと全アプリケーションでプロトコルフィルタリングが無効になってしまいます。せっかくの昨日なので動作するアプリケーションはそのままプロトコルフィルタリングを適用し、動作しないアプリケーションだけ適用外にするように設定したいと思います。

[詳細設定] -> [Webとメール] -> [プロトコルフィルタリング] -> [対象外のアプリケーション]
[追加]ボタンを押し除外したいアプリケーションを選択する。


おまけ

Firefox編

%FIREFOX_ROOT%\firefox.exeを対象外アプリケーションに追加

Git(msysgit)編

%GIT_ROOT%\libexec\git-core\git-remote-https.exeを対象外アプリケーションに追加
ついでに%GIT_ROOT%\bin\curl.exeなども追加しておくと良いかもしれない。
cygwinは使っていないので同じ手順で動作するかは不明です。
go getは内部でgit cloneを使てるのでgo get出来ない時もこれで解消するはず。

Mercurial(Windowsネイティブ版hg)編

%HG_ROOT%\hg.exeを対象外アプリケーションに追加