2013年2月21日木曜日

「写真がもっと上手くなる デジタル一眼 撮影テクニック事典101」を読んでみました。

お昼休憩でちょっと更新。

ちょっと前にTwitterか何かで知って「写真がもっと上手くなる デジタル一眼 撮影テクニック事典101」のKindle版を買ってみました。
僕が買った時(2013/01/18)は\334ととておもお買い得でした。
(2013/03/21 13:00現在でKindle版が\667、通常版が\1,050です。)

この手の本は、まぁなんというかこういう時はこうするべきみたいな押しつけが結構きついのもあったりなんだりして、微妙なのも結構ある気がします。
(なんてことを言えるほどちゃんとそれができるわけじゃないけど。)

この本は違うかというと、わりとソフトかな思います。
色々試してみたいことが出てきたので、写真を撮りに行きたくなりました。
寒いけど炬燵に籠ってる場合じゃないですね!

土曜日(2013/02/23)あたりに梅か何かを撮りに行きたいなと思います。



Kindle版はこちらからどうぞ→写真がもっと上手くなる デジタル一眼 撮影テクニック事典101 Kindle版
通常版はこちらからどうぞ→写真がもっと上手くなる デジタル一眼 撮影テクニック事典101


2013年2月20日水曜日

mod_wsgiはUnicode型だとバグる?

どうもお久しぶりです。

お仕事楽しいです。
今のところプログラム書くよりインフラなことばっかりやってますけどね。
RedmineセットアップしたりEC2とかRDSに環境作ったり。


本題に入ると、とある理由にお仕事でちょっとしたCGI的なものを書く機会がありました。
PerlとかPHPで書けばよかったんですが、Python推しな僕はPythonで書いてみようかと思い立ちました。

最近はmod_pythonじゃなくてmod_wsgi使おうね的な感じらしいですね?
でまぁ適当に使ってみました。

この辺からWindowsのApache2.2 Python2.7用の3.3のバイナリを落としてインストールして使いました。

だいたいうまく動くんですけど何故か、レスポンスを返すあたりでTypeErrorでUnicodeがなんちゃらと言われて落ちてHTTPの500になるケースがある。
最初は文字コードとかを疑ったんだけど、英数字だけの文字列だった。
色々試してみて、レスポンスで返す文字列をstr()したら落ちなくなった。

なんじゃそりゃと思ってちょっと調べたりコードを斜め読みしたところ、どうもmod_wsgiはUnicode型だとLatin-1にエンコードしてるような感じですね?
ダメだよねそれ。

なんてとこに一昨日くらいにハマって数時間ほどデバッグしたとかね。





P.S.
Windwosストアアプリを作ってみようかと思いたちまして、というか今年の目標にしたのを思い出しまして、ここらを見ながらHelloWorldまではやりました。

2013年2月5日火曜日

Subversionのリモートリポジトリをコピー(svnsync)する。

お仕事でリモートのSubversionのリポジトリ(とあるホスティングサービスで借りてるやつ)をコピーしてきてローカルでSubversionサーバを構築する必要があったので方法を手順を調べたので、ここにも書いておく。

まずは、空のリポジトリを作る。
svnadmin create リポジトリ名

Linux/Unixの場合は以下のようにしてhookスクリプトを編集する。
vi リポジトリ名/hooks/pre-revprop-change
hookスクリプトは以下の内容を保存する。
#!/bin/sh
exit 0
hookスクリプトに実行権限を与える。
chmod +x リポジトリ名/hooks/pre-revprop-change
Windowsの場合は、リポジトリ名\hooks\pre-revprop-change.batに以下の内容でhookスクリプトを作成する。
exit 0


次にsvnsync initでコピー先(例ではfile:///~のリポジトリ)とコピー元(例ではリモートのリポジトリ)を設定する。
svnsync init file:///リポジトリパス/リポジトリ名 リモートリポジトリのURL
最後にsvnsync syncで同期を実行する。
svnsync sync file:///リポジトリパス/リポジトリ名
以上。

なんてことをやる為のBashスクリプトを書いたとか。
Bitbucketに放り込んでおいたので興味がある人は見てみてください。
https://bitbucket.org/yuji_developer/syncsvnrepo










SyntaxHighlighterをBloggerに入れてあったのを思い出したので使ってみたけど、なんかちょっと面倒だった。